ピンボール 通勤金太郎

マーケットレポート(weekly)

<2023年12月18日>

【概要】

先週の原油先物相場は、 BRENT、WTIともに上昇した。 (BRENT +$0.52 WTI +$0.11 )
1 月CP先物は $602 で始まり、 $612 で取引を終えた。

【原油マーケット】

BRENT週間推移 : $76.03 → $76.55 WTI週間推移 : $71.32 → $71.43

マーケットの上昇材料は①米エネルギー情報局が発表した週間在庫統計で原油在庫が前週比430万バレル減と、市場予想の70万バレル減を大幅に上回る取り崩し幅となったこと②国際エネルギー機関は月報で、2024年の世界石油需要の見通しを日量110万バレル増と、従来見通しから日量13万バレル引き上げたこと③米長期金利の急低下とともに外国為替市場では対ユーロでドル安が進行し、原油の割安感が生じ、買いが膨らんだこと④パウエル議長が来年の早期利下げの可能性を示唆し、エネルギー需要拡大の推測が浮上したことなど。下落材料は①米国の各種景気指数が軒並み下落し、同国の景気動向の低迷が示唆されたこと②中国では、不動産不況の長期化などで景気が低迷。政府が内需の活性化を通じた支援策を計画していると報じたが、消費者物価指数が3年ぶりの低水準を記録するなど、デフレ圧力の高まりが目立っていること③OPEC主導の減産合意順守に懐疑的な見方が根強く、国際石油市場の供給が過剰になるとの懸念が残ったことなど。

【LPGマーケット】

中東マーケット

原油価格に引き摺られて、上昇。加えて、インド向けの新規需要の浮上や極東の寒波到来への期待感が相場の上昇を後押ししている。又、フレートの下落に伴い、市場関係者がFOBでの調達にも興味を取り戻していることも一因とされている。来年1~3月にかけては米国からの供給減少が顕在化し、中東サプライヤー各基地の定修入りの予定も需給引き締まりを意識させている。

欧米マーケット

相場週間平均:$347米国指標の情報はこちら(会員専用)
<米国>プロパン、ブタンともに下落した。先週発表された米国プロパン在庫は前週比104万バレル減の累計9,593万バレル(771万トン)となった。
米エネルギー情報局が発表した米国プロパン在庫統計は、米国内の需要増加に伴い-104万バレルの取り崩しとなったが、過去5年平均を上回る水準で推移しているため、需給は緩んでいる。加えて、極東市況の低迷及びフレートの再度上昇に伴い、米国-極東間マージンがFOBのキャンセル圏で推移しているため、需給は更に緩むことが懸念されている。

<欧州>プロパン、ブタンともに上昇した。
原油上昇に引き摺られて、上昇。プロパンは暖房需要・石化需要共に回復の兆しがなく、需要は低調に推移している。加えて、パナマ運河の通峡枠減少に伴い、パナマ運河を通峡する必要のない欧州市場に米国産カーゴが流れており、需給の緩みに拍車をかけている。一方で、ブタンの新規需要は浮上していないものの、米国からの新たな供給が行われていないため、結果として需給の引き締まりが意識されプロパン対比で上昇幅が大きい。

アジアマーケット

プロパン、ブタンともに下落した。
先週末に中国からの複数の需要が浮上した後は、大きな需要が確認されず、1月後半以降の売り手の多さからも下落基調で推移した。特に日本・韓国からの需要が振るわず、余剰感が継続している模様。
一方で、今週からの寒波の本格化や24年1月以降の中東サプライヤー各基地の定修入りの予定から、今後の需給の引き締まりへの期待感が相場を下支えしている。

フレートマーケット

フレートは $114.571 で始まり、 $124.143 で週を終えた。
中東/米国積み市場で、先週半ばまで下落した相場は、新規需要の浮上により船舶が徐々に吸収されたことにより、再度需給は引き締まり、上昇に転じている。加えて、パナマの代替航路として期待されていたスエズ運河経由の航路(紅海通航)にて親イラン武装組織フーシによる船舶攻撃が相次いでおり、紛争地域を避けるために船主達は、より長距離となる喜望峰経由での航海の検討を開始している。喜望峰経由での航海が本格化すると用船可能な船舶は更に減少し、フレート上昇に拍車をかけることが相場を押し上げた。

18日時点における当社の中東・米国合成フレート想定値は、P 13,500円/t、B 11,900円/t。

バンカーマーケット

バンカー相場(LSMGO)は $735 で始まり、 $748 で週を終えた。

先物マーケット

【CPスワップ($/MT)】
1月 P/B=$ 612 /$ 627
2月 P/B=$ 603 /$ 616
3月 P/B=$ 577 /$ 589

【MBスワップ($/MT)】
12月 P=$ 331
1月 P=$ 331
2月 P=$ 324

【価格推移】

サウジCP推移表

2023年12月CPは以下の通りです($/MT)。
プロパン$610/MT(前月比±$0)、ブタン$620/MT(前月比±$0)
A/L (11月1日~30日平均、$87.3656)の熱量換算比は、P: 85.2% (前月比+5.5%) 、B: 87.8% (前月比+5.7%)。
過去のCP推移はこちらをクリックしてください。

ANSI (旧 北海価格)・アルジェリア価格

12月の旧北海価格及びアルジェリア価格は、以下の通りです($/MT)。
ANSI (旧 北海価格)
プロパン: 468.5 ブタン: 508.5
アルジェリア価格
プロパン: 520.0 ブタン: 540.0